夜の仕事 お金借りれる

夜の仕事をしていてもお金は借りれます!

カードローンの申し込み書には名前や住所のほかに、職業や勤務先を書く欄がありますね。職業や勤務先は審査に影響するのでしょうか?たとえば、夜の仕事をしている人は借り入れがしにくいということはあるのでしょうか?

 

まず、ローンを組むときに有利な職業は、いうまでもなく、安定した収入が得られる職業です。代表的なのは公務員ですね。また、勤務先としては、業績が安定している大企業に勤務している場合、あるいは中小企業でも経営状態良好と判断されている企業で働いていれば、審査には有利ですね。つまり、現在安定した収入を得られていて、今後も継続的に安定した収入が得られると判断される場合は、審査のポイントが高くなります。

 

そうすると、夜の仕事、たとえば、バーやスナック、キャバクラなどで働いている場合はどうなるでしょうか?水商売の場合は、高収入を得ていることが多いですが、収入が安定しないということも多いです。

 

また、水商売は離職率が高いことから、安定継続した収入が今後も得られるかというと、その辺はちょっと難しくなります。貸す側としては、高所得でも、人気や景気に左右されて、収入が安定しない職業についている人よりも、目立って収入が多いというわけでもないけれど、安定した収入が見込める職業についている人に対しての方が融資をしやすいわけです。

 

ただ、夜の仕事をしていたら、絶対にローンを組めないかというと、そんなことはありません。職業は確かに審査の対象になりますが、その職業に携わってきて、安定した収入を長年得てきたのであれば、審査のポイントもよくなります。夜の仕事についていても、勤続年数が長いとか、住宅ローンのない持家に長年住んでいるなどの場合は、審査には有利です。

 

また、賃貸であっても居住年数が長い人は審査のポイントも高くなります。そのほかには、今までのクレジットカードの利用状況や消費者金融や銀行からの借り入れ状況なども審査の対象になります。お堅い仕事についていても、借り入れ状況が思わしくないと審査には通りません。逆に、夜の仕事についている人でも、クレジットカードの支払いを支払い期日までにきちんとしているとか、携帯電話の料金の支払いや、消費者金融の返済も約定日までにきちんとしているなら、借りられる可能性は高くなります。

 

全くカードローンやクレジットカードを利用したことがない人よりもある程度の利用実績がある人の方が、審査には有利だといわれています。ただし、はなはだしい延滞や、債務整理などの金融事故の記録があると審査には通らない可能性が高くなります。特に銀行の場合は、審査が厳しいので、金融事故があると、ほぼお金は貸してもらえません。

 

大手消費者金融でも、ほぼ貸してもらえません。ただ、中小の消費者金融の中には債務整理をした人でも数年たっていればお金を借りられる場合もありますので、審査が不安な方は小さめの消費者金融を当たってみるのがいいと思います。ちなみに債務整理の記録は5年ほど信用情報機関に残るので、心配な方はその期間を過ぎてから申し込みをした方が無難ですね。

 

ローンの審査の際には、職業だけでなくそのほかのいろいろな項目もチェックされ、その人の属性を総合的に判断して決められます。金融機関によって審査の基準は違いますが、借入先が5,6件あったり、借入残高が多すぎると、審査には通りにくいようです。特に、借り入れ件数が多いのはマイナスの印象が強くなります。それで、新たなローンを組む前に、おまとめローンや借り換えローンなどで借入先を一つにしておくという方法もあります。ただし、おまとめローンにすると、かえって利息を多く支払うことになるという場合もありますので、返済シミュレーションを十分してから申し込んでください。

 

それから、夜の仕事をしている方で、個人のお店で働いている場合、給料明細が発行されないとか、給料の支払いがきちんとされないとか、そういうこともあるようですが、借り入れをする時には、収入を証明する書類が必要になる場合があるので、きちんと揃えておく必要があります。また、運転免許証だけでなく健康保険証の提示を求められることもあるので、本人の名前と現住所が確認できるものを準備してください。

 

水商売でも有限会社や株式会社などで働いているなら、ローンの申し込み書には、お店の名前ではなくて社名を書くといいですね。また、夜の職場で働いている場合、日中に金融機関が在籍確認の電話をしても、誰も電話に出ないということもあります。

 

それで、在籍確認についてはローンの申し込みの時に担当者に相談して、確実に電話に出られる時間帯にかけてもらうようにしてください。そこで働いていることを証明できる書類を提出すれば、在籍確認の電話をかけない場合もありますので、まずは相談してみてください。夜の仕事をしていても、毎月きちんと収入を得ていて、過去の借り入れ状況も良好なら、お金を借りることはできますので、安心してくださいね。

参考サイト